freedom-zero.comをHTTPS化し、セキュリティを向上しました。

freedom

freedom Web Developer

ワードプレス用テンプレート「FREEDOM」の開発者。


このサイト、freedom-zero.comをセキュリティ性に富んだssl化に対応しましたので、
Let’s Encryptの無料サーバ証明書を使って、SSL対応のサイトを作る設定手順を今回は説明したいと思います。

ssl化するメリット

1.サイトのセキュリティ強化

改ざんやなりすましの防止、マルウェア対策、盗聴防止、Free Wi-Fiからの接続の安全性確保など

1.SEOにほんの少しだけ有利になる

Google検索順位決定要因の一つになるそうです。

サイトの信頼性をアピールできる、ユーザーに安心感を与えることができる

鍵マークの表示、EV SSLだと緑のバーも表示で、一目でわかってユーザーも安心します。

SSLサーバ証明書国内最大手のシマンテックによると、今後4、5年のうちにサイトの常時SSL化が進み、将来的にはインターネット通信全てがHTTPSで暗号化される時代が来るだろうとのことですので、今の内に常時SSL化しておくことをお勧めします。

常時SSLまでの手順

このサイトで利用しているサーバーはさくらのVPSです。

 

VPSとは、、

とりあえず、ホームページの表示速度が他のレンタル(共用)サーバーと比較すると圧倒的に早くなります。

VPSのメリットは専用サーバー並の高機能を安価で利用できるところであり、これからWEBサイトを安価で長期的に本格的に運用していきたい人には、VPSはオススメです。一方で、OS(LINUX)についての知識等も必要になってくるため、初心者には難しいかもしれません。


$ ssh ユーザー名@***.**.***.***
$ cd
$ sudo /etc/rc.d/init.d/httpd stop
$ sudo yum update
$ git clone https://github.com/letsencrypt/letsencrypt
$ cd letsencrypt
$ ./letsencrypt-auto
$ sudo ls -1 /etc/letsencrypt/live/www.example.com
cert.pem
privkey.pem
chain.pem
fullchain.pem
$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
...snip...

SSLEngine on
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/chain.pem
ServerAdmin root@www.example.com
DocumentRoot /home/USERNAME/www.example.com
ServerName www.example.com
<Directory "/home/USERNAME/www.example.com">
Options -MultiViews
AllowOverride All

SSLProtocol all -SSLv2 -SSLv3
SSLCipherSuite ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-DES-CBC3-SHA:ECDHE-RSA-DES-CBC3-SHA:EDH-RSA-DES-CBC3-SHA:AES128-GCM-SHA256:AES256-GCM-SHA384:AES128-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA:AES256-SHA:DES-CBC3-SHA:!DSS
SSLHonorCipherOrder on

$ sudo /etc/rc.d/init.d/httpd start

常時ssl化対応した結果

URLの隣に緑の鍵マークが表示されるようになりました。

SSL Reportによって、A判定を得ることができました。

参考サイト

さくらのVPS

Let’s Encrypt導入手順

SSL証明書設定の安全性向上

この記事の著者

freedom

ワードプレス用テンプレート「FREEDOM」の開発者。

facebook web

関連する記事